ひひーん!うわ!賭けときゃよかった!なkeiba-simonの適当競馬生活

しがない馬券中毒(通称バケ中)のおじさんが競馬の回収率を100%以上にするためにあーだこーだあがいている様子と、日常に潜む競馬について書いた雑記ブログです。予想は適当です。予想は適当です。このブログでは、こいつまた変な予想してやんのーって感じで笑っちゃいながら楽しんでください。100%超えられる・・・かな?

新潟競馬について(2020102801)

keiba-simonです。

 

今日は、自分の子供はいいよー、子育ては大変だけどって言われて、昔、自分が子供をすごく欲しがっていたなあというのを思い出したという話と、ここまでの新潟競馬のまとめの話です(全然話の内容は違います笑)。

 

子供、好きなんですよ、それは今も変わらなくて、喜ばせたり、見守ったり、サンタしたりしたいなあって思う・・・、ただ、「子供が欲しい」と「子供をこの世界に・・・」というのは、どうも違って、やっぱり、心身とお金の余裕のある人がね。。って思って。

この生きにくい世界に自分の子供がなあ・・・、って思って、そう思うのは、たぶん、生まれる前から過保護だからなのかもしれない(全部、色々な事をせずにいた自分に対する言い訳です)。

 

って事で、新潟競馬のまとめなんですが、

新潟の芝

5月は、去年の芝の傷みを残したまま始まったので、前半は、よくわからないけど、後半は、外の差しが来るんじゃないかなと思われるのと、ダートの馬が来たりする。

8月は、案外、芝が傷まずにいて、内枠の先行が内回りも外回りもやってくる、芝が傷むのは、5週目くらい?になるのかな。

10月は、内回りは、内の先行が来る、外回りは、外の差しが来る感じですね。。あと、ダートの馬が来る(新潟競馬場が砂地の所にあるせい?なのだろうか。。)

 

新潟ダート

陣形によるんですけど、外の差しはなかなか来れない印象ですね。内枠の先行馬の数によって、外の先行がくるのか、内が来るのか変わってきますね。

(これは、新潟競馬場のコースの形態が、タイトな所に起因しているかな。)

 

来年も、5月と8月と10月なので、今年と一緒ですね!

 

関係あるかないか1つ気になるのは、今年の秋競馬の芝が時計がかかっているという事で、これが、梅雨に晴れ間がなく、夏は雨が降らなかった事に起因しているとしたら、来年の芝の状態は、また変わるのではないかと思われる事ですね。。

芝の成長の仕方を勉強する必要はあるかもしれません。