ひひーん!うわ!賭けときゃよかった!なkeiba-simonの適当競馬生活

しがない馬券中毒(通称バケ中)のおじさんが競馬の回収率を100%以上にするためにあーだこーだあがいている様子と、日常に潜む競馬について書いた雑記ブログです。予想は適当です。予想は適当です。このブログでは、こいつまた変な予想してやんのーって感じで笑っちゃいながら楽しんでください。100%超えられる・・・かな?

海を感じる時(屋久島、種子島)

keiba-simonです。

 

ぷらりと屋久島、種子島に行って来ましたよーという話です。

なんで屋久島?というと、ネットで調べてみると、一人旅で色々な人に出会う確率が高いという場所の1つだったからで(その他は京都や東京。)。引き籠っていると誰かとしゃべりたくなるもので行ったんですね。

結論を言うと、人がいなかった・・・(コロナだから当たり前なのと、トレッキングに行ったわけではないので当たり前だろって話です。)

 

帰りに四国によってカツオ(高知)と金目鯛(室戸)を食べたいと思ったのと、コロナが心配だったので指宿まで運転していったんですが、やっぱ遠かったですね・・・(関西からだと約1000キロあります。)。

 

何してたの?っていうとひたすら1人で浜辺歩いて海を見ていたわけで、でも、それが最高に良かったです。

 

行程としては、時間の都合上、四国に行けずに、

1~2日目 指宿まで運転(途中、下関とよくわからない町で散歩)

3日目    屋久

4~5日目 種子島

5~6日目 指宿から運転(熊本、宮島を散歩)

ええ、運転と散歩しかしてないんですよ・・・。

 

指宿までは夜の国道と昼は国道と高速使いました(約20時間)。

(夜の国道とか真っ暗で落ち着いていいんですよ。。山中とか海沿いとか、特に。あの暗闇に明かりがぼんやりと浮いているのが。)

 

指宿では、砂風呂と、部屋が海沿いで波の音聞いて眠りました。

砂風呂が終わる直前になって入ったので、係の人が忘れたのか来なくて30分くらい入って熱すぎたのが思い出ですね(初心者は10分が良いらしいです。)。

でも、おかげでぐっすり眠れました(波の音も睡眠に良いみたいですね。)。

ただ、今回も着いたのが満潮時で知林ヶ島に行けなかったのが悔やまれる・・・。

 

屋久島は、1日ということでレンタカーで島1周+ヤクスギランド+紀元杉などで散歩してました。西部林道が、細い道なので早い時間に抜けたかったので反時計周りでいきました。海の様子とかスギはこんな感じです。

f:id:keiba-simon:20200327220958j:plain
f:id:keiba-simon:20200327220941j:plain
f:id:keiba-simon:20200327220922j:plain

 

途中、干潮時だけ温泉の平内海中温泉に入ろうと、干潮の時行ったんですが、カップルが入ってたんで入れなかったすね。(やっぱり、ぼっちとしてはカップルとか家族の邪魔はしたくないもので。)。

昼も夜も飛魚の唐揚げを美味しく食ったった。

 

種子島は、千座の岩屋が干潮時にしか行けないので、最優先にして、後は適当に宇宙センターやら門倉岬やら浦田海水浴場やらプラプラまわりました。種子島といえば、新海誠さんの「秒速5センチメートル」を思い出したのですが、特に聖地に行くわけでもなく本当にプラプラ(種子島は火曜日定休の所が多かったりするのと、コロナの影響で臨時休業も多いので調べていく必要がある。)。

f:id:keiba-simon:20200327221035j:plain
f:id:keiba-simon:20200327221051j:plain
f:id:keiba-simon:20200327221016j:plain

 

・・・ってか、海がもう屋久島だったか種子島だったかわからないっすね、たぶんあってると思うのですが、それぞれどこだって言われてももうわからないっす。

あと、種子島ジェラート店が休みで、くそ、食べたかった。。

 

帰りは指宿に18時15分に着く高速船で帰ってきて、鹿児島を散歩しつつラーメンを食べると、熊本に着くのが24時になって、そこから熊本の銀座通りを歩いて、2時間仮眠をして、広島の宮島に10時30分に着くわけです。

宮島は厳島神社や大聖院を散歩し、鹿とたわむれたり、穴子丼やカキやジェラート食べて満足しました。鳥居が工事中だったのと、満潮だったので鳥居のそばに行けなかったのは残念ですが、それを差し引いても十分堪能しました。

そういえば、宮島はさすがに人が多かったです。

 

今回行けなかった所は、また大切な人と一緒に来た時に解決するとして、

まとまってないけど、

・関西~指宿は車で行くにはちと遠い(約1000キロ)

・干潮時刻は大切だ(知林ヶ島平内海中温泉、千座の岩屋、厳島神社

・1人で海を感じるには最適(もちろん1人とは限らず)

・たぶん出会いはトレッキング?(片道5時間らしい)

・実は本州のどこでも見つからなかったマスクが種子島にあった

(結構、種子島からマスクを送ったとの事。)

 

で、結局出会いはなかったのかっていうとそんなことはなくて、

この旅でしゃべった人ランキングをすると、

1位:種子島でぷらりと入った寿司屋のおかあさん

(指宿~広島間は約580キロあるんで、広島まで車じゃなく電車で行ってください、お願いします。)

2位:種子島の赤米の所でアイスを売ってたおかあさん

(今度は右の方のアイス食べに行きます。)

3位:屋久島のとある砂浜で駐車スペースまでの登る所を教えてくれたおじいさん

(結局登る所間違えててごめんなさい。)

4位:屋久島の民宿のおじさん

5位:屋久島のレンタカー屋のおじさん

 

6位:屋久島で厳重注意したこやつら

(体当たりしてこないで~、お願い、毎年屋久島はさすがにしんどいから。)

f:id:keiba-simon:20200327231058j:plain
f:id:keiba-simon:20200327231040j:plain

 

十分癒されたかな!

結局なんやろ・・・、全然人と接していなかったな。。

まあ、コロナの事もあるからいいのか。

 

以上、海を感じる時でした。

本でも見ようか映画でも見ようか・・・泣くかもしれない。