ひひーん!うわ!賭けときゃよかった!なkeiba-simonの適当競馬生活

しがない馬券中毒(通称バケ中)のおじさんが競馬の回収率を100%以上にするためにあーだこーだあがいている様子と、日常に潜む競馬について書いた雑記ブログです。予想は適当です。予想は適当です。このブログでは、こいつまた変な予想してやんのーって感じで笑っちゃいながら楽しんでください。100%超えられる・・・かな?

一叩き必要だよって話

keiba-simonです。

 

友達が33歳になったなあ・・・と感慨深げにつぶやいたって話です。

 

33歳ってどうなんですかね、若いとみられるのが一般的なのですが、世の偉人(暗殺など含めて)や周りをみても、お亡くなりになっている人もいるくらいの年なんですよね、、だから、若いと言われるとどうも違和感を感じるような、もはや、いつぽっくり逝っても仕方ないような感じでいますね。

(ちょっと生き急いでいる感は否めないですが。)

 

こういう時は、競走馬に例えるとわかりやすいかもしれないですね。

たぶん、7歳とかそれくらいなんですよ、・・・となるともう全盛期は過ぎたような感じがしないでもないですよね。。

僕がタップダンスシチーやカンパニーじゃない限り。

(勿論、その可能性はおおいにあります。期待してみましょう、自分に!なぜベストを尽くさないのか!Why don't you do your best!おぉぉぉぉベストォォ)

(すでに夏の暑さにやられております。こんな叫んでいる理由が、「太陽がまぶしかったから。」とか言いかねません。)

 

パドック解説があったらおそらくこんな感じですよ。。

1番 ケイバサイモン

「年をとって代謝の関係から、だいぶ太めに残っていますね。もう一叩き必要ではないでしょうか。陣営は、芝は難しいので、ダート路線を選んできたのですが、上積みは見込めそうにありませんね。期待はできないでしょう。」

 

・・・・まあ、何が言いたいかというと、、太目残りしているので、一叩きしてとりあえず夏で痩せようかって!

馬体重に換算すると、70キロくらいです!